« 夏休み2013 | トップページ | 年末帰省&伊豆グルメ旅 »

秋のごほうび高原ハイク@入笠山

一月前のことになりますが、9月21~22日の土日で長野に行ってきました♪

7月に行った車山高原がすばらしく、寒くなる前にもう一度長野遠征したくて。
今回は入笠山を目指し、姫も誘って行ってきました。

9月21日(土)。
早朝5時出発、途中相模大野駅で姫を拾い、中央道経由で、8時半過ぎに富士見パノラマリゾート駐車場に到着。
トレッキングの準備を済ませて、ゴンドラのチケット売り場へ。

Ncd90_268

大人は往復1600円、息子(4歳)は小学生未満で無料でした。
さっそくゴンドラで10分の空中散歩。

標高的には駐車場が1050mくらい、ゴンドラで1760mくらいまで稼ぎ、目指す山頂が1955mなので、実際に歩く標高差は200mくらいです。

富士見パノラマリゾートはマウンテンバイクのコースが充実しているようで、ゴンドラの利用者はマウンテンバイクが8割、トレッキング、散策が2割くらいだったように思います。

ゴンドラを降りると八ヶ岳のナイスビュー!

Ncd90_270

この日は快晴で、空気も澄んでいて、最高でした♪
いよいよトレッキングコースのはじまりです。

Ncd90_269

まずは入笠湿原を目指して木漏れ日が心地良い樹林帯を歩きます。
湿原手前の柵。どこの柵もレール式でスムースな開閉。
柵の開閉はチビモコの担当となりました。

Ncd90_271

柵から少し階段を下って湿原に到着。

Ncd90_272

ちょうど蝦夷リンドウが見ごろでした。
湿原の色味がすでに秋の気配。

いつもの4人、チビモコのペースでちょうどいいねといいながら歩きます。

Ncd90_273

姫ともゆっくり話すのが2ヶ月ぶりくらいだったので話は尽きません。
湿原を越え、いくつかの山荘が点在する川沿いの道を過ぎると、お花畑という場所に到着。

Ncd90_274

この日は花はあまり見られませんでしたが、時期によっては咲き乱れているのでしょうか?
ジグザグの道で少し勾配が出てきますが、ウッドチップが足に優しい。

お花畑を過ぎると登山道に入ります。
基本的には整備されていて大変歩きやすいですが、足元が岩で滑りやすそうなところもあり小さい子は注意が必要。
チビモコは時折手をとったり、お尻を支えてあげたりすれば大丈夫でした。

途中で岩場ルートと、岩場迂回ルートに分かれます。
私たちは迂回ルートを行きましたが、ほとんどの方は岩場ルートを通っているようでした。

登山道をゆっくり30~40分歩いて、無事山頂に到着!

Ncd90_275

360度の大パノラマ!
八ヶ岳はもちろん、遠くに富士山も見え、南アルプス、中央アルプス、北アルプスまで一望できます。
チビモコ、よっこらしょって感じで一息ついてますね。

山頂では温かいココアとお菓子で小腹を満たします♪
チビモコは山登り=山頂でのご飯&おやつタイムだと思っている感あり。

Ncd90_276

後ろに座っているチェックの男の子は3歳くらいでしょうか?
背負子を使いつつ、最後は自力で登頂したようです。えらい!

山頂の景色はこんな感じです。

Ncd90_280

やっほー!登ったぞーー!!(200mほどだけど(^-^;)

Ncd90_277

中央アルプスか、北アルプス方面。(適当ですみません)

Ncd90_279

たぶん南アルプスとか、木曽方面。(…あまり信用ならさずに)

Ncd90_278

八ヶ岳方面。これは確か。
チェックの男の子が下山開始です。お気をつけて~。

Ncd90_288

遠くに富士山が見えるけどわかりますか?

もこダンナ&姫がiphoneでパノラマ撮影してました。

Ncd90_289

360度は収まらなかったようですが、この感じ伝わるといいなぁ。
ちなみに私はまだガラケーなので羨望の眼差しですΣ( ゜Д゜)スゴッ!

山頂から大阿原湿原を巡るコースもありましたが、私たちはさっき来た道を下山します。
時間があったので入笠湿原を大回りしてみました。

Ncd90_281

すっかり秋の装い。

Ncd90_282

さわやかな空気が写真から伝わってきます。

ゴンドラの山頂駅近くまで戻ってきて、名物のルバーブソフトを食べることに。
みんなそれぞれ注文して座ったところで、チビモコが見事にアイス部分を落とす( ̄Д ̄;;

Ncd90_283

落としたアイスを片付けて、残りのアイスをシェアして食べました。
そのあとゴンドラで駐車場まで下り、駐車場まで戻る。
なんとも心地よい疲労感です。

今日のお宿は蓼科グランドホテル滝の湯です。
富士見パノラマリゾートからだと車で30~40分くらいでした。

チェックイン後は、のんびりしたり、温泉に入ったりして過ごす。
待ちに待った夕食は、約90種類のバイキング!
みんな好きなものを好きなだけいただきます。

食後は、温泉に入ったりして過ごしつつ、疲れたので21時ごろに就寝。

9月22日(日)。
姫をもこのすけ一家の早起きに付き合わせてしまい、早めに起床。
朝ごはんまでは温泉に入ったりして過ごす。

朝食もバイキング!
朝からいろんな種類を食べられてすごく幸せ~。

早めにチェックアウトして横谷峡へ。
ここは見所だけをちょちょっと散策したかたち。

霧降の滝。

Ncd90_284

滝に近づくと急にひんやり。

つづいて乙女滝。

Ncd90_285

名前に似合わず結構な水量です。

続いて、御射鹿池(みしゃがいけ)に移動。

Ncd90_286

見る場所によって水面の色が変化するから不思議。
有名な画家の絵のモチーフになったことでも有名。

Ncd90_287

白樺の木がなんとも言えない雰囲気を演出しています。

このあと、たてしな自由農園に寄ってお土産を買い、お隣山梨県の名物ではありますが、ほうとうを諏訪インター近くの小作で食べて帰路に着きました。

まだまだ暑かった9月でしたが、秋を先取りしたトレッキング&旅行でした♪
近所の低山も気軽ですが、長野の山は違った爽快感、達成感があります。
またご褒美ハイク行きたいなぁ~。

♪:;;;:♪:;;;:♪入笠山情報♪:;;;:♪:;;;:♪
・ルートは東京近郊の山ハイクを参考にした。
・富士見パノラマリゾートのゴンドラチケットを買うと、ハイキングマップと入笠山で見られる花の図鑑(冊子)がもらえました。
・晴れていても雨具は必須。山頂での防寒対策にもなります。
この日は、登っているときは半袖で十分でしたが、山頂では長袖シャツとパーカーを重ね着しました。
・お花畑などは日差しを遮る木がないので、帽子など日差し対策も忘れずに。
・靴はトレッキングシューズをオススメします。
・車山山頂にトイレはありません。富士見パノラマリゾートの敷地内で済ませておきましょう。
・全体的に危険箇所は少ないですが、登山道に滑りやすそうな箇所があるので小さい子どもはサポートが必要です。息子は4歳5ヶ月で踏破できました。

今回のGPSルートはこちら。

|

« 夏休み2013 | トップページ | 年末帰省&伊豆グルメ旅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋のごほうび高原ハイク@入笠山:

« 夏休み2013 | トップページ | 年末帰省&伊豆グルメ旅 »