« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

夏のごほうび高原ハイク@2日目は八島ヶ原湿原

7月28日(日)。
朝食までは温泉に入ったり、散策したり、のんびり過ごす。
朝食もビュッフェでたっぷりいただく。

9時前にチェックアウトし、八島ヶ原湿原へ。

Ncd90_260

天気も良いので湿原をぐるっと一周してきます~。
車山は砂利道だったけれど、ここは整備された木道。
チビモコが落ちないようにワニさんごっこ(木道の下にはワニがいるかもよ~)をしながら進む。

Ncd90_251

散策しながら見られるのはこの景色!

Ncd90_252

次の写真がこの旅の最高の一枚だと思う!晴れってサイコ~!

Ncd90_253

ニッコウキスゲはないけど、可憐な花が咲いてます。

Ncd90_254

ミツバチさんも蜜集めに余念がない。

Ncd90_255

木道を30分ほど歩くと分岐になり、ヒュッテみさやま方向へ。
ここからは幅の広い砂利道で、昨日の夕立の名残で水溜りがちらほら。
水溜りをよけながら進む。

Ncd90_256

途中で鹿よけの柵を通過。ちゃんと鍵を閉めなきゃね。

Ncd90_257

30分ほど進むとヒュッテみさやまのカフェの看板が。

Ncd90_258

食べたーい!けど今日はがまん。
山小屋は敷居が高いイメージだったけど、ヒュッテみさやまもコロボックルヒュッテも宿泊のほかにカフェもやっていてびっくり。
山小屋に泊まるのも楽しいだろうなぁ~。

再び木道が始まり、ゴールまであと少し!

Ncd90_259

チビモコは一度木道を踏み外しましたが、それ以外は終始ご機嫌でした。
首から下げたお財布にはアメやラムネが入ってます。

Ncd90_261

一周のんびり歩いて2時間ほどでしょうか。清々しい湿原を満喫しました。
11時ごろ八島ヶ原湿原駐車場に戻ると、満車のようす。
今日も早めの行動がよかったようです♪

このあと、霧の駅でお土産を買って帰路につきました。
週末を利用した弾丸ツアーでしたが、天気にも恵まれ(星空は見えませんでしたが)充実した旅となりました。
星空は近々リベンジしたいと思います!

♪:;;;:♪:;;;:♪車山、八島ヶ原湿原情報♪:;;;:♪:;;;:♪
・ルートはこちらの地図を参考にした。
車山高原のサイトにもハイキングコースなどが載ってます。
・有料ですがビーナスラインガイドブック(車山高原スキー場にある総合案内所で100円で買いました)もこの周辺の情報が豊富です。
・晴れていても雨具は必須。山頂での防寒対策にもなります。
・帽子など日差しを遮る対策も気をつけたほうがよいです。
・靴は車山→砂利道なのでトレッキングシューズがよい、八島ヶ原湿原はスニーカーでも問題なさそう。
・車山山頂にトイレはありません。
・木道にはたまに巨大な毛虫がいた。
・駐車場は季節や時間によっては長蛇の列になるよう。今回は2日間とも10時前到着で並ばずに停めることができました。

今回はGPSルートが記録できなかったのでなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏のごほうび高原ハイク@1日目は車山

7月27~28日の土日で長野に行ってきました♪

もこダンナが満天の星を見たい!写真に撮りたい!と言い出したのがきっかけ。
ちょうど予定もなく、ホテルも取れたので車山高原に向かいました。

7月27日(土)。
早朝(3時半ごろ)、雷雨で目覚める。
もうちょっと寝たい~とぐずぐずしながらも5時出発をめざして準備開始。
4時45分ごろにチビモコを起こす。
「寝てたらお留守番だよ~」と言ったらむっくり起きた姿が可愛かった。

5時10分、出発。
保土ヶ谷バイパス、国道16号線、中央道経由で車山高原スキー場に到着。9時半ごろだったかな。

駐車場に車を停めて、トレッキングシューズに履き替えて準備OK!
今回はチビモコの希望もあり、車山高原スキー場中腹までリフトで登り、中腹から山頂まで歩くことに。

チビモコ、初めてのリフトでルンルン♪
中腹駅までの6分間を楽しみます。

Ncd90_238

リフトを降りて登り始めると、さっそくニッコウキスゲの群生が。

Ncd90_242

とてもきれい。

Ncd90_240

登山道は途中まで道幅の広い砂利道で歩きやすい。
ただ日差しをさえぎるものがないので、帽子は必需品です。

Ncd90_241

まだまだ余裕の二人。
砂利道の次は、ごつごつした岩の坂が少々。

Ncd90_239

ここを過ぎるとまたなだらかな砂利道になります。
山頂手前からは急な階段ですが、整備されていてとても歩きやすい。

10時半ごろ無事山頂(1925m)に到着!
奥の建物は車山気象レーダー観測所。

Ncd90_243

チビモコもご満悦の様子。

Ncd90_244

ちょっと早いけど、おにぎりなどで昼食タイム♪
さすがに山頂は気温が低く、風が吹くと寒いのでしっかり長袖を着込んで食べます。
山でのご飯は美味しい。チビモコは山=ご飯と思っているみたい。

食後のんびりすると身体が冷えてしまいそうなので、車山肩に向けて下る。

Ncd90_245

道幅の広いガレ場が続く。
すれ違うおじ様おば様方に励まされながらチビモコも自力でがんばる。
1時間くらいで車山肩に到着。

ここからはバスで車山高原スキー場まで戻るため、バスの時間を確認してからコロボックルヒュッテをのぞく。

Ncd90_247

疲れた身体にはティータイムが必要だよね( ^ω^ )
サイフォンで入れたコーヒーと、特製チーズケーキ、オレンジジュースで休憩。

Ncd90_248

ティーカップやお皿にもコロボックルヒュッテのロゴが入っていて可愛い。
食べ終わったころに少し雷がなってさっと雨が降ってきたけど、どちらも一時的なものでレインウェアの出番もなくすみました。良かった~。

バスで車山高原スキー場まで戻り、車で今日のホテルに向かう。
今日のお宿はホテルリゾリックス車山高原
メゾネットタイプのお部屋で、満天の星空ナイトツアーつきのプランにしました。

チェックイン後、もこダンナは運転&ハイキングで疲れてちょっとお昼寝。
チビモコと私はお風呂でさっぱりしてからちょっとお昼寝。
このころ、外は夕立が降っていました。全体的に早めの行動が良かったみたい。

夕飯はバイキングでたっぷりいただく。

ナイトツアーの開催可否について、曇りで星が見えないので中止と連絡あり。
もこダンナが残念そうなので、ビーナスラインの富士見台見晴台まで行ってみることにしました。
道中、ペンション通りからビーナスラインに出ると街灯もなく真っ暗。
こういうときに幽霊出るよね~と言いながら、何事もなく見晴台に到着。

チビモコは暗さにビビって車内で待つというので、私も残ってのんびり話しながら待つ。
もこダンナは10分くらい写真撮影してたけど、やっぱり星が出なくて断念。
うーん、残念だったね。

無事ホテルに戻って、この日は早めに就寝。
星空が見られなかった以外は大満足の一日でした♪
2日目の様子は次に続く…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »