シンガポール、子連れ旅(2015/11) 3~4日目

・3日目

朝食はホテルのビュッフェ。どれも美味しいですが、ちょっと冷房が寒かったかな。
ちびちびもこ、朝から食欲旺盛です!

D610_073

食後はタクシーでシンガポール・ズーへ。今日はちびもこセレクトです。(ちなみに前日のプールはもこだんな)
シンガポールはタクシーが割と安く、気軽に利用できます。ホテルからは30分くらいかな?
トラム(園内バス)付きのチケットを購入します。この日も平日のため、混雑はなし。

D610_081

あまり大々的にアナウンスはされていませんが、コアラが間近で見られて感動!
日本の、というか金沢自然動物園はガラスの向こうで、しかもほとんど動きませんが、ここのは偶々時間がよかったからか、よく動いているコアラをゆっくり見ることができました。

D610_087

アシカのショーや、オランウータンとの記念撮影、象のショーなどを午前中で見学。
特にオランウータンは、ブレックファストを予約しないといけないと思っていたので、嬉しい誤算でした。記念に素敵な写真が撮れましたヽ(´▽`)/

D610_085

11月のシンガポールは雨季とは言え普通に暑いので、後半はトラムを利用して省エネ。
頑張って歩いていたちびもこが疲れてきたので、お昼前にセントーサに戻ります。

タクシーでの帰途、突然の激しい雨。熱帯特有なのでしょうが、ちょっとびっくりするぐらいの勢いです。動物園で遭わなくて本当によかった・・・。
お昼は屋根伝いで移動が可能なリゾートワールドセントーサ内のイタリアンのお店「TINO'S PIZZA CAFE」へ。

D610_107

ピザは生地が薄くサクサクで、もこのすけはこの旅一番の食事でした(;´▽`A``

ホテルに戻り、お昼寝をしたあとは地下鉄を利用して、街中にお買物です!
シンガポールは地下鉄も発達しているので、移動に便利です。

D610_114

ブラス・バサーという駅の目の前、シンガポール美術館隣接の「Super Mama」というお店へ。お目当てのお皿を無事ゲットできました。

D610_118

その後はマリーナスクエアまで歩いて移動し、ウィーナムキーというお店でチキンライスを食べました。地元民に人気というだけあり、美味しかったです。

D610_125

夕食後はいよいよこの旅のハイライトとも言うべき、マリーナベイエリアの夜景を見に行きます!

見事な夜景にただただ圧倒されます。もこだんな、ひたすらシャッターを切ります(;´Д`A ```

D610_129

D610_131

D610_136

D610_139

D610_143


・4日目

チェックアウト前にパラワンビーチを散策。ホテルから徒歩15分ほどでしょうか。

D610_149

D610_159

ここがアジア大陸最南端だそうです。

D610_161

チェックアウトし荷物を預け、ケーブルカーで本土へ移動します。

D610_167

ハーバーフロントのブンガワン・ソロというお店でお土産用のクッキーを購入。後日知人宅でひとつ頂きましたが、外国特有の変な甘さなどは無く、とても美味しく好評でした。

D610_172

そろそろお昼ごはん・・・というところで、ちびもこに異変が。旅の疲れか、食欲がなく何となく元気がありません。もこだんなと早めにホテルに戻り、ロビーのソファで休んでいました。前日、遅くまで付き合わせてしまったのが良くなかったのかもしれません。ごめんね、ちびもこ・・・。

その間にもこのすけとチビチビでお土産を手短に購入。帰りの飛行機に乗るころには念のためと持ってきていた薬が効いたのか、少しは楽になったようでしたが、かわいそうなことをしてしまいました。

最後はちょっと残念な感じでしたが、フライト自体は順調で、無事に帰国することができました。

今回は街中の散策は最小限にし、セントーサ島中心での滞在でしたが、衛生的で治安もよく(夫婦別行動も何度かしましたが)、何の不安もない海外旅行となりました。7時間弱という長時間フライトという壁はありますが、子連れの海外旅行としてはとてもおすすめできると思います!

宿泊先のホテルもインビアステーションからアクセスバツグンでしたが、開き直ってリゾートワールドセントーサ内のホテルなら、更に滞在は楽だったかもしれません。

(おまけ)今回の戦利品

D610_179

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンガポール、子連れ旅(2015/11) 1~2日目

 連休を利用して、シンガポールに行ってきました!
写真中心に簡単に。

・1日目

もこだんなが帰宅後に出発。
雨のため、今回は車で羽田空港へ。国際ターミナルは初でしたが、とっても綺麗です。
モスバーガーで簡単に腹ごしらえ。

D610_012

今回は行きも帰りも、深夜発のシンガポール航空。
事前に、チャイルドミールとバシネットを予約していましたが、時間が時間のため機内食はほとんど手付かず。。ただ、持ち帰り用の紙バッグを用意してくれたので、滞在中のちょっとしたおやつとして重宝しました。

・2日目

現地に6時ごろ到着。両替し、現地の日本語スタッフさんと合流し、ホテルへ直行。
今回は、セントーサ島内の「モーベンピックヘリテージホテル」に泊まります。

日本語スタッフさんに、ダメもとでチェックインできないか交渉をお願いしたところ、ツインではなくダブルの部屋なら今すぐ入れるとのこと。機内ではあまり寝れなかったので、嬉々として変更してもらいました。日本語スタッフさんが熱心にBabyがいるから、と交渉してくれたようで大変助かりました。

D610_015

大人2人、6歳児、1歳児ですが、我が家の場合キングサイズ1つでも問題なかったです。

ひと寝して体力回復し、お出かけします!
ホテルのすぐ近くにはマーライオンタワーがお出迎え。
D610_023

お昼が近かったのでまずは腹ごしらえにマレーシアフードストリートへ。
D610_028
ワンタンミーとクレイポットチキンライス

D610_029
カヤトーストとライムジュース

特に半熟卵に付けて食べる、カヤトーストが好みに合いました(*゚▽゚)ノ

つづいて、アドベンチャーコーブという、巨大なプール施設へ。
当日は木曜日だったためか、午後からの入場でも特に混雑はありませんでした。

105センチ以上は付き添い有りなら8割がたのアトラクションが楽しめます。
ちびもこは特に波のプールがお気に入りだったみたい( ^ω^ )

D610_187

結局17時近くまで遊び、モノレールに乗ってVIVO Cityというショッピングモールへ。
ここのフードコートで夕食をとります。

D610_041
チャー・クェイ・ティアオ@泰豊

D610_043_2
揚げパンと豆乳ジュース

その他、ラクサやちびもこ希望でトンカツ(!)など。特に豆乳ジュースが美味しかったです( ^ω^ )

地下のスーパーマーケットでお土産を物色し、

D610_049

屋上のクリスマスツリーを楽しみ、

D610_051

ボードウォークという整備された歩道で、腹ごなしのお散歩がてらホテルに帰りました。

D610_056

(おまけ)
夜のマーライオンタワー、ホテル

D610_062

D610_063

D610_064

長いので続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士登山(須走ルート) 2015/9/6

9/6(日)にもこだんなは会社の同期と2人で富士山に登ってきました!
9月で須走ルートからの登山記録があまり多くなかったので、メモ書き程度に・・・。
今後登られる方の参考になれば幸いです。

■登山計画
「御来光は見たいけど山小屋は泊まりたくない!」というワガママな要件のもと、富士登山計画を立てました。

当初は、マイカー規制の明けた9月に、富士吉田ルートで前日の夕方にinして、駐車場で仮眠し、深夜から登山開始!という計画でしたが、マイカー規制明け最初の土日ということもあり、予想以上に混みそうなことが山小屋の予約状況から予想できたため、急遽須走ルートに切り替えました。

ざっと以下の通りの計画を立てました。

①0:00に横浜集合
②2:00頃に須走臨時駐車場にin
③タクシーで須走5合目へ
④3:00頃から登山開始
⑤5:00頃7合目あたりから御来光を見る

■準備
行き当たりばったりな二人にしては、かなり手厚く準備を進めました。

・レインウェア(上下)
・30L程度のザック
・登山靴/靴下
・防寒着(ヒートテック、フリース、ライトダウンジャケット、ネックウォーマー、手袋など)
・トレッキングポール(amazonで3000円くらいのやつ)
・ヘッドライト(防水3段階調180ルーメン 800・・・値段は秘密)
・食料(クッキー、ドーナッツ、塩キャラメル、アミノバイタル(好日山荘の人が激押し)等々)
・水(いろはす500ml×2、パックタイプのアクエリアス300ml×2)
・防水用品(ザックカバー、バッテリー・スマホなどの防水用ジップロックなど)

D610_029_2

D610_030


■結果
序盤、思いのほか予定通りいきました。

・・・ただし、ワクワクが止まらず、5時間仮眠のはずが1時間しか寝れず( ´艸`)

①0:00に横浜集合
②2:00頃に須走臨時駐車場にin
⇒足柄SAで夜食休憩挟みつつ、だいたいこれぐらいに到着
  D610_009

③タクシーで須走5合目へ
⇒駐車場の利用率は30%程度でしたでしょうか。
マイカー規制最終日の2:00過ぎでしたが、なんと3台もタクシーが待機してました。30分弱で4050円。シャトルバスは5:00からしか出ていないので、深夜出発の場合はタクシーに頼るしかありませんが、他のルートの場合は10000円オーバーらしいので、山小屋泊やらを考えると、人数割りならリーズナブルと言えます。

④3:00頃から登山開始 5合目(標高2000mくらい)
D610_010

4:20 本6合目 瀬戸館(標高2625m)

⑤5:00頃7合目あたりから御来光を見る
⇒須走ルートは7合目まで樹林帯、という情報だったので7合目を目指しましたが、登山初心者のおっさんには2時間はちと厳しかった。ただ、本6合目過ぎから視界が開け始めるので、場所を選べば御来光は十分見れます。

D610_017

D610_018_2

(ここから無計画)
・6:00 7合目 太陽館(標高2925m)

D610_019

・7:15 8合目 江戸屋(標高3270m)

・7:45 本8合目 胸突江戸屋(標高3370m)

・8:40 9合目 (標高3600m)
⇒このあたりからかなり雲行きが怪しく、というか霧雨のような状態。

・9:20 山頂!(標高3720m)
⇒霧雨+暴風で記念撮影もままならず。浅間神社でお守り購入後、山小屋で30分ほど休憩。いよいよ嵐のような天候になってきたので、10:00頃かな?足早に下山開始。

D610_026

くるぶしほどの深い砂の上を滑降するような道を下山(砂走りというそうな)。膝への負担は少ないのかもしれないけど、岩がないわけでもないので、注意を払いつつ5M先も見えないような霧雨の中、延々と同じようなコースをひたすら下る。
雨も強くなり、途中からレインウェアのズボンも着用。お天気よければ、休憩挟みながら楽しく下山できたのかもしれないけど、何しろ天候不良のため、黙々と下山。これが一番堪えた。

・13:00 須走5合目に到着。眠気と長時間雨に打たれたことで疲労はピーク。30分おきのシャトルバスに乗り、臨時駐車場へ。

・17:00 渋滞に巻き込まれつつ、無事横浜に到着。何はともあれ、寝る。

■反省点
(よかった点)
・一応、御来光見れた
・吉田ルートと合流するまで、登りはほとんど人がいなくて快適だった
・トレッキングポールが超役に立った。3000円で十分だった
・ヘッドライトが超役に立った。消して見たら暗くてなきそうだった
・レインウェアが超役に立った。無かったらずぶぬれで心が折れてた
・登りは○号目、などの目標が目視できて、思いのほかスイスイ登れた
・かなり休憩を挟んだので、高山病症状は二人とも出ず
・翌日も出勤できる程度の筋肉痛で済む(アミノバイタルのおかげ?週末ランニングの成果?)

(ダメだった点)
・睡眠時間1時間だと、下山時に眠気と疲れが一気に来る
・雨が降ったら早めにレインウェア、防水対策をしないとダメ
・雨が降ると休憩や食事、着替えもままならない
・D610+SIGMA35mmの組み合わせで、夜明け前ミラーレスでシャッター切れない友人を尻目にバシバシ撮影するも、雨が降ってからは単なる1.5kgのオモリ。この辺の取捨は難しい。


下山時の風雨は大誤算でしたが、持っていった装備が軒並み活躍するという結果になりました。ライトダウン以外はほとんど使ったかな?

また、9月1週に限っては須走ルートであっても、多くの山小屋が開いているので、トイレの心配はそれほどいらないと思います。

まぁ、何はともあれ無事登頂成功です!
ただ二人とも、2回目は当分イイヤという感想でした(*´ェ`*)

D610_016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河口湖キャンプ(戸沢センター)

7月の3連休を利用して、もこだんなの同期と河口湖にキャンプに行ってきました。
毎年BBQをするメンバーですが、今回はコテージを借りて初のお泊りとなります!

1日目
メンバーとは14:00に最寄りのスーパーに集合だったため、我が家は早めに向かい、河口湖周辺を散策することにしました。

当初、東名から圏央道-中央道で向かう予定でしたが、早くも相模湖近辺で渋滞とのことで、御殿場経由に急遽変更しました。
結果的に、2時間ちょっとで河口湖に着くことができたので、正解だったかもしれません。

はじめに向かったのは、大石公園内にある河口湖自然生活館。開催終盤の時期でしたが、ハーブフェスティバルなるものが開催されており、ラベンダーが一面咲き乱れてました。

D610_001

もこだんなとちびもこは鼻が詰まっているのか?、イマイチ香りが分かりませんでしたが、良い香りだったようです。

ここでは、さくらんぼ・ブルーベリー狩りやラベンダー摘みなどができるほか、ジャム作り教室も開催しているとのことで、さっそくもこのすけとちびもこで参加してみることに。

D610_002

40分ほどで、立派なブルーベリージャムが完成!
パン好きのちびもこも、普段食べているジャムがどう作られるのか、勉強になったかな?

火は使うものの、ちびもこくらいの年齢なら割と楽しめると思います。

ちょうどお昼の時間になったので、来る途中にもこのすけが見つけ、気になっていたほうとうの不動(東恋路店)に食べに行くことに。

お店の外観がかなり個性的ですが、中は広々。何組か並んでいましたが、すぐに席に案内されました。
同じくほうとうで有名な小作に比べると、ほうとうのメニューは1種類と少なく、具は小さめですが、個人的にはこちらの不動の方が好みかな。

ちびちびもこもごきげん。
D610_008

いい時間になったので、集合場所のスーパーへ。
他のメンバーと合流し、BBQのお肉や飲み物を調達後、今回の目的地である戸沢センターに向かいます。

チェックイン時間の15:00を過ぎていたのですぐにコテージに入ることができ、荷物をおろし、ひと通りお部屋チェック。リビング、寝室2+ロフト1でお風呂もついて、今回のメンバー(大人7、子ども3)でも十分な広さです。

BBQまで少し時間があったので、お散歩がてら近くのパン屋さんLake Bakeに翌日の朝食を調達をしに向かいます。

D610_003

車道は歩道スペースが狭く、小さい子どもがいると危ないですが、戸沢センターからは湖沿いの小道を通ればパン屋さんまで行けます。

パンを調達したら、いよいよBBQの準備に取り掛かります。
今回女性陣はコテージの台所で、焼き物の準備やカレーを作ってもらい、男性陣は火起こしと子守り(?)。
コテージには炊飯ジャーまで付いていて、今回はご飯が食べられます(*´Д`*)

今回は、コテージの目の前のBBQ施設を借りることができましたが、場合によっては離れた場所や、コテージのテラス(この場合、炭ではなくガスとのこと)になるようです。

いつもの勝手知ったるメンバー。今回は帰りの心配もないので、お酒も飲めるし(男性陣はほぼ飲まない面々ですが。。)、気兼ねありません。

D610_004

戸沢センターの最大の特徴とも言えるのが、河口湖をはさんで富士山を真正面から眺められること。夜になると登山客のライトで光の列が見えました。

D610_005

その後は子供たちお待ちかねの花火!この日はあいにく風が強く、火をつけるのに苦労しました。
戸沢センターでは事前に申請すれば、湖沿いでの花火が許可されていますが、音が出ない、手持ちのみ、夜9時まで、などの制約があります。(これはどこのキャンプ場でもあるのかな)

D610_006

このあと予定では近くの日帰り温泉に向かう予定でしたが、9時までのところがほとんどだったので、断念。結局順番にコテージのシャワーを使うことになりましたが、お風呂はキレイで何も問題ありませんでした。

1階リビングに男性陣、2階寝室に女性陣+子どもたちに別れましたが、もちろんすんなりとは寝ず、遅くまで起きてました・・・。


翌日、もこだんなとちびもこ含む数名はロイヤルホテルで日帰り温泉が6:00からやっていたので向かいました。朝早くから開いている場所が少ないからか、けっこう人が多かったです。お湯はけっこうぬるめでした。

その後、残り物のカレーとパンで朝食を取り、解散。当初はロープウェーに乗って、軽くハイキング、なんて計画もありましたが、皆(特に男性陣)寝不足のため断念しました(;´Д`A


こんな感じで初のキャンプ、というかお泊りBBQでしたが、施設も充実しているし、何不自由なく楽しく過ごすことができました!予約から事前準備までほとんどしてくれたもこのすけに感謝です(゚ー゚)

個人的に、しいて課題をあげるなら次回は耳栓を持参することかな。。(神経質なもこだんなはイビキでほとんど寝れず)

何よりもよかったのは、クーラーなしでも過ごせた気候のよさ!夜は半袖では肌寒いくらいでした。その分、横浜に戻ってきたときの猛暑が堪えました・・・。


D610_007
2日目、早朝の富士山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015GW_敦賀帰省

今年のGWは早めに休みが取れたので、連休初日から敦賀に帰省してました。

■初日
先日購入した愛車のアイサイトに助けられ(?)、横浜6:30出発~敦賀12:00着と順調な道中でした。

敦賀に着いたらまずはヨーロッパ軒!毎回の定番ですが美味しく頂きました。
20150429_12_30_15

この日は7回目の結婚記念日でしたが、よっちばあばが覚えていてくれて、お寿司やお刺身などのご馳走でお祝いしてくれました。ありがとう!

■2日目
この日は六呂師高原という九頭竜湖方面まで遠征して、念願のキャンプに行きます!
(とはいえ、キャンプ用品などほとんどないのでバンガロータイプの建物での寝泊りですが)

北陸道で敦賀から1時間ちょいでしょうか、途中のホームセンターでお昼ご飯とBBQ用の炭などを調達してお昼過ぎに六呂師高原温泉キャンプグランドに到着。

今晩泊まるキャンピングキャビンはこんな感じです。

すぐ前の道に車を停められるので、荷物の出し入れも楽チン。
Dsc_2433

テーブルとダブルベッド
Dsc_2439

ちびもこも興奮の二段ベッド!エアコンや電源コンセントもあり、至れり尽くせりです。
Dsc_2438

何より子どもたちがよろこんだのはこのブランコかな?
20150430_13_24_26

さっそく、先日購入したスクリーンタープを広げ、ランチタイム(*゚▽゚)ノ
徐々にキャンプ用品を増やせていけるといいなぁ・・・。
Dsc_2451

その後は散策やキャンプ場企画のキーホルダー作成体験、カボチャマーク探しゲームなどをして楽しみました。カボチャマークは全部で26個あるそうですが、ノルマの12個を何とか見つけ、プレゼントを無事ゲットできました。大人も普通に楽しんでました(*゚ー゚*)
Dsc_2479

キャンプ場から車で2~3分ほどの、レストルームでおやつを食べ・・・
Dsc_2499

日が落ちて来たら、いよいよBBQの始まり!
Dsc_2512

オイルランタンはキャンプ場からレンタルしました。雰囲気出るなぁ~(*´Д`*)
Dsc_2519

食後のコーヒー。もこだんなはこれが飲みたいがために家族をキャンプに巻き込んだと言っても過言ではない。
Dsc_2554

今回は暦上は平日のためか、他のキャンパーは少なく、最寄の炊事場を独占で利用させていただきました。U字溝のコンロ、大きめのテーブルに洗い場にコンセントまで付いてます!バーナーなどないので、IHクッキングヒーターで湯を沸かします。沸けばいいのよ・・・。
Dsc_2555

こちらの炊事場をお借りできたことが、キャンプ初心者の我が家にはとても助かりました。
その後は24時間入浴可能な温泉であったまり、早めに就寝。
ちなみに六呂師高原は星空がキレイなところで有名なんだそうですが、この日は残念ながら雲とまんまるお月様のおかげで星はほとんど見られませんでした。

4月末のため寒さを警戒していましたが、キャンピングキャビン内はあたたかく、薄手の長袖で問題ありませんでした。


■3日目
朝食はクーポン特典でいただいた焼き立てパン。クロワッサンが特に絶品でした~。
Dsc_2565

この日は福井県立恐竜博物館に行きます。キャンプ場から車で30分くらい。
Dsc_2572

一昨年は駐車場の長蛇の列で断念したため、2年越しの念願になります。
9時半ごろ到着でしたが、車は普通に停められました。
Dsc_2605

ちびもこが動く恐竜にマジ怖がりするというハプニングもあったものの、図鑑でしか見たことがなかった恐竜のスケールを感じ取ってくれたのではないでしょうか。ここも子ども以上に大人も楽しんでました(笑)

11時からは予約していた化石掘り体験!空きがあれば、当日受付もOKみたいです。
Dsc_2662
おー、怖い怖い。

シダ植物と、貝の化石の発掘に成功したようです。解説員のおじちゃんに言われないとよく分かりませんが。。稀に動物の化石も出るそうで、その場合は博物館に寄付するとのこと。

お昼ごはんを食べて、よっちばあばの待つ敦賀に戻りました。


■4日目
この日は白木漁港という「もんじゅ」と目と鼻の先にある小さな港で、ちびもこともこだんなで釣り。無料駐車場、適度な堤防、砂地という、もこだんなの大好物が揃ったナイス釣り場ですが、釣果はシロギス1、ベラの仲間1、途中で拾ってきたウミウシのみ(;´Д`A ```


Dsc_2685
のんびりとした、良い時間が過ごせました。

この日は貴重なシロギスとたくさんの野菜で、もこのすけが天ぷらを作ってくれました。


■最終日
最終日は4時に起き気比の松原近くの造船場で前日のリベンジ釣りでしたが、シロギス2、メゴチ1と、この日もイマイチ奮わず。まぁ、釣れただけいいかな。
20150503_5_19_51


その後、さかな市場でお土産を買い、ヨーロッパ軒でお持ち帰りカツを大量に手に入れて、お昼ごろに敦賀を出発。横浜には19時過ぎに着きました。
帰りはもこのすけが2時間以上も運転してくれて、とても助かりました!


20150503_8_05_30
「はぁ~、たくさんあそんでつかれたなぁ」


よっちばあば、お邪魔しました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1年ぶり…

かれこれ1年更新が滞っておりました。日記ならぬ年記を簡単に。。。


2014/5
Ncd90_299

おぎゃー!

帝王切開のため予定日前日に入院し、いよいよ明日・・・と思いきや、その日の夜に破水。ギリギリ日を跨いだところで無事産まれました。
二人目の今回も、もこだんなは出産の瞬間に居合わせず。。
急を知らせる電話も気づかず寝ておりました(;´Д`A ```

Ncd90_300_2

お兄ちゃんになったちびもこも、可愛くて仕方がないようでよくお手伝いしてくれます。助かってるよ!

二人目ということもあってか、小さいころから色々なところに連れまわされますが、たくましく成長しております(笑

暖かくなってきたので2度ほど、姫とハイキング(登山とは言えないなぁ。。)にも行きました!

今年はもこだんなが、家族を巻き込んでキャンプデビューをしようと企んでいるので、その様子をご報告できたらと思います。

Ncd90_301

二人とも無事大きくなってるよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のんびりした4月

半年ぶりの更新(2月にもこダンナが更新してくれてますが)、間があいてしまいました。
すみません!

更新を怠っている間に、第二子を妊娠しました(*^ω^*)ノ彡
明日から妊娠36週に入ります。もうお腹パンパン。
家族みんなが赤ちゃんの誕生を心待ちにしてくれていること、妊娠後期まで無事過ごすことができたことに感謝するとともに、とても嬉しく思います。

ざっとこの半年を振り返ると…

<9月>
中旬に妊娠発覚。
ぜひお世話になりたいと決めていた病院があったので、早々に受診してお産枠を獲得!
下旬あたりから徐々につわりらしい症状が始まる。
初期ではあるが、職場に報告して出勤時間を1時間遅らせてもらう。

<10月>
つわりのピーク。暗黒の10月だった。
チビモコのとき同様、吐くほどではないけど常に胃の不快感がある。
満腹や空腹にならないように気をつけて過ごす。
寝てしまえば気持ち悪さもないので、チビモコと一緒にたっぷり睡眠をとる毎日。

<11月>
中旬あたりから徐々につわりが軽くなるが、調子に乗ってご飯を食べると気持ち悪くなる…ということを繰り返す。

<12月>
つわりがずいぶん楽になる。
22日には戌の日のお参りを済ませ、もこダンナ実家でお寿司を食べてお祝い。
戌の日の一週間ほど前にチビモコにも赤ちゃんのことを教えてあげる。
心待ちにしていたので喜び爆発かと思いきや、まだ実感がないのか微妙な反応。

年末は福井に帰省(もこダンナによる前の記事参照)。
ソースカツ丼も美味しく食べられて幸せ♪
ただ、帰省中鼻風邪が悪化し、ティッシュが手放せない状態に。
実家で箱ティッシュ一箱使い切ってきました。

<1月>
2014年は近所の公園の初日の出を見て始まる。
つわりも終わりハッピー!と思っていたら、検診で子宮頚管が短めだと判明。
日常生活を送りながらも安静を心掛ける日々に突入。
安定期に入ったら、あれもこれもしたいと考えていたけど無理そう。
三連休の伊豆旅行は楽しかった&美味しかった!(けどちょっとハプニングもあり)

<2月>
チビモコがインフルエンザにかかる(;;;´Д`)
予防接種のおかげでうつることはなかったけど、登園禁止で休みの工面が大変。
看病に加え、自分の体調不良(お腹の張りなど)、大雪などもあり、仕事は一日行って一日休むくらいの状態に。いかんいかん。

検診で赤ちゃんが女の子と判明!
男の子を望んでいたチビモコともこダンナはちょっと残念そうだったかな。
私は元気ならどちらでもよかった。将来のことを考えると女の子ってのも悪くないよね。

出産日(予定帝王切開なので手術日)が5月7日に決まる。
具体的な話が出てきて、ちょっと緊張。いよいよだな。

<3月>
2月より体調が安定したような気がする。
産休まであと一月となり、仕事の引継ぎ、同僚とのランチなどを済ませる。
育休期間をどのくらいにするか悩んでいたので、子持ちの同期に相談。思い切ってほぼ3年取ることに決める!

<4月>
2日で仕事終了。結局最終日のぎりぎりまでドタバタしてしまった。
引継ぎなども無事済ませたし、仕事で思い残すことはなし。

で、今日に至る。
産休に入って、のんびりした毎日を過ごしている。

それでも、入院の準備をしたり、赤ちゃんの肌着を洗濯したり、夕飯を手抜きしないようにしたり、姫やママ友とランチしたり…今できることを少しずつしている感じ。
毎日のお昼寝も欠かせなくなっている。気持ちいいんだな、これが(*´ェ`*)

今はとにかくトラブルなく入院日を迎えられることを考えて毎日を過ごしています。
無事出産したらまた報告します~。

最後にチビモコが書いた絵を紹介。
わぉ!って感じだけど大事な宝物ができました♪

Ncd90_294

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末帰省&伊豆グルメ旅

たまには、もこだんなが更新。
年末の帰省から、1月に行った旅行を写真中心にお送りします。

 

◆福井帰省(2013/12/28~31)

年末年始の休み初日から、もこのすけの故郷・福井に帰省。
明け方に出発したため、目立った渋滞は無かったものの、関が原を過ぎたあたりから、雪が降り始めました。

Image1

一応スタッドレスは履いていたので問題はなかったのですが、北陸道ではチェーン規制の検問も行われる程でした。

無事到着し、ばぁば・たかちゃん(もこ兄)と夏以来の再会。
ちびもこの成長ぶりも見てもらえてよかったですが、雪は明け方まで降りつづき・・・

Image2

この積もりっぷり!
横浜ではなかなか見ることのできない雪の量に、なんだかワクワクしてしまいました。

夜中は、時折除雪車の通る音がしていました。

ちなみに、この除雪車の通る音と火の用心の拍子木の音を聞くと、猛烈に「あぁ、福井に帰ってきたんだなぁ。」という気持ちになります。

翌日は雪かきをほんの少しだけお手伝いだかお邪魔だかしつつ、帰省時の定番となっているヨーロッパ軒へ。
さすがにこの雪でお出かけする人は少ないのか、夏に来たときからは考えられないくらいに空いていました。

Image3

翌日はもこのすけがおせち料理のお手伝いをしている間に、夏にも行ったマキノ高原温泉へ、ちびもこと二人でドライブ。

Ncd90_291

帰路の際に撮った夕景。夏とはまた違った景色に癒されます。

最終日はお土産を買い、横浜に戻ります。
ばぁば、たかちゃん、お邪魔しました。また来るね!

年越しに執着のない我が家は、旅の疲れもあってか、普通に10時過ぎに就寝。

元日。起きれたら行くと約束していた、初日の出。
地元の公園からでも割とよく見えました。今年も良い年でありますように。

Image4



◆伊豆旅行(1/12~13)

家族3人で伊豆旅行。
今回は美味しい金目鯛を求めて伊東方面へ。

まずは伊豆高原に向かい、ランチ。
今日のお宿は金目鯛を中心とした和食っぽかったので、洋食系を求めて「グラナダ」というお店をチョイス。

 グラナダ(伊豆高原)
 http://r.gnavi.co.jp/s4ajjwj10000/

Image5

パエリアが美味しかったのはもちろん、ログハウス風のお店の雰囲気もよく、とても気に入りました。

食後の腹ごなし?に、池田現代美術館へ。
ちびもこが何かを感じたかはともかく、美術館に連れて行けるくらいにはお兄さんになってくれました。

Image7

道の駅に寄りつつ、今日のお宿がある伊東方面へ少し北上。

今日のお宿は金目鯛が評判らしい、「こころね」さんへ。
海から宿へ向かう坂が急なこと!保土ヶ谷人もびっくりです。

 こころね(伊東というよりは宇佐美かな)
 http://www.cocorone.jp/

到着後、まずはひとっ風呂!ちびもこは温泉大好きです。
自分の子供のころは熱くてお風呂なんて嫌いだったけどなぁ。

Image6

部屋はお世辞にも広いとは言えず、部屋でのんびりくつろぐのには不向きかも。
トイレや洗面台、冷蔵庫は他のお客さんと共用で、好みが別れそう。

待ちに待った夕食・・・


Image9

ででーん!
写真で見る以上に立派な金目鯛です。これだけで3~4000円するのでは。
見た目ほど味付けは濃くなく、大きくてもペロリと食べれてしまいました。
その他の料理もおいしく、炊き込みご飯は食べきれずにおにぎりにしてくれました。
とても嬉しいサービスです。

その後はもう一度お風呂に入り、就寝。
ベッドは普通のシングルサイズだったので、ちびもことでは窮屈でした。
そろそろ「食事なし、ベッドなし」という条件も厳しくなってきたのかな。。。

朝食もおいしく頂き、早めにチェックアウトして帰路に着きました。

家族経営のこじんまりとした宿ですが、ご夫婦ともとても優しく、ご飯もおいしかったです。お世話になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋のごほうび高原ハイク@入笠山

一月前のことになりますが、9月21~22日の土日で長野に行ってきました♪

7月に行った車山高原がすばらしく、寒くなる前にもう一度長野遠征したくて。
今回は入笠山を目指し、姫も誘って行ってきました。

9月21日(土)。
早朝5時出発、途中相模大野駅で姫を拾い、中央道経由で、8時半過ぎに富士見パノラマリゾート駐車場に到着。
トレッキングの準備を済ませて、ゴンドラのチケット売り場へ。

Ncd90_268

大人は往復1600円、息子(4歳)は小学生未満で無料でした。
さっそくゴンドラで10分の空中散歩。

標高的には駐車場が1050mくらい、ゴンドラで1760mくらいまで稼ぎ、目指す山頂が1955mなので、実際に歩く標高差は200mくらいです。

富士見パノラマリゾートはマウンテンバイクのコースが充実しているようで、ゴンドラの利用者はマウンテンバイクが8割、トレッキング、散策が2割くらいだったように思います。

ゴンドラを降りると八ヶ岳のナイスビュー!

Ncd90_270

この日は快晴で、空気も澄んでいて、最高でした♪
いよいよトレッキングコースのはじまりです。

Ncd90_269

まずは入笠湿原を目指して木漏れ日が心地良い樹林帯を歩きます。
湿原手前の柵。どこの柵もレール式でスムースな開閉。
柵の開閉はチビモコの担当となりました。

Ncd90_271

柵から少し階段を下って湿原に到着。

Ncd90_272

ちょうど蝦夷リンドウが見ごろでした。
湿原の色味がすでに秋の気配。

いつもの4人、チビモコのペースでちょうどいいねといいながら歩きます。

Ncd90_273

姫ともゆっくり話すのが2ヶ月ぶりくらいだったので話は尽きません。
湿原を越え、いくつかの山荘が点在する川沿いの道を過ぎると、お花畑という場所に到着。

Ncd90_274

この日は花はあまり見られませんでしたが、時期によっては咲き乱れているのでしょうか?
ジグザグの道で少し勾配が出てきますが、ウッドチップが足に優しい。

お花畑を過ぎると登山道に入ります。
基本的には整備されていて大変歩きやすいですが、足元が岩で滑りやすそうなところもあり小さい子は注意が必要。
チビモコは時折手をとったり、お尻を支えてあげたりすれば大丈夫でした。

途中で岩場ルートと、岩場迂回ルートに分かれます。
私たちは迂回ルートを行きましたが、ほとんどの方は岩場ルートを通っているようでした。

登山道をゆっくり30~40分歩いて、無事山頂に到着!

Ncd90_275

360度の大パノラマ!
八ヶ岳はもちろん、遠くに富士山も見え、南アルプス、中央アルプス、北アルプスまで一望できます。
チビモコ、よっこらしょって感じで一息ついてますね。

山頂では温かいココアとお菓子で小腹を満たします♪
チビモコは山登り=山頂でのご飯&おやつタイムだと思っている感あり。

Ncd90_276

後ろに座っているチェックの男の子は3歳くらいでしょうか?
背負子を使いつつ、最後は自力で登頂したようです。えらい!

山頂の景色はこんな感じです。

Ncd90_280

やっほー!登ったぞーー!!(200mほどだけど(^-^;)

Ncd90_277

中央アルプスか、北アルプス方面。(適当ですみません)

Ncd90_279

たぶん南アルプスとか、木曽方面。(…あまり信用ならさずに)

Ncd90_278

八ヶ岳方面。これは確か。
チェックの男の子が下山開始です。お気をつけて~。

Ncd90_288

遠くに富士山が見えるけどわかりますか?

もこダンナ&姫がiphoneでパノラマ撮影してました。

Ncd90_289

360度は収まらなかったようですが、この感じ伝わるといいなぁ。
ちなみに私はまだガラケーなので羨望の眼差しですΣ( ゜Д゜)スゴッ!

山頂から大阿原湿原を巡るコースもありましたが、私たちはさっき来た道を下山します。
時間があったので入笠湿原を大回りしてみました。

Ncd90_281

すっかり秋の装い。

Ncd90_282

さわやかな空気が写真から伝わってきます。

ゴンドラの山頂駅近くまで戻ってきて、名物のルバーブソフトを食べることに。
みんなそれぞれ注文して座ったところで、チビモコが見事にアイス部分を落とす( ̄Д ̄;;

Ncd90_283

落としたアイスを片付けて、残りのアイスをシェアして食べました。
そのあとゴンドラで駐車場まで下り、駐車場まで戻る。
なんとも心地よい疲労感です。

今日のお宿は蓼科グランドホテル滝の湯です。
富士見パノラマリゾートからだと車で30~40分くらいでした。

チェックイン後は、のんびりしたり、温泉に入ったりして過ごす。
待ちに待った夕食は、約90種類のバイキング!
みんな好きなものを好きなだけいただきます。

食後は、温泉に入ったりして過ごしつつ、疲れたので21時ごろに就寝。

9月22日(日)。
姫をもこのすけ一家の早起きに付き合わせてしまい、早めに起床。
朝ごはんまでは温泉に入ったりして過ごす。

朝食もバイキング!
朝からいろんな種類を食べられてすごく幸せ~。

早めにチェックアウトして横谷峡へ。
ここは見所だけをちょちょっと散策したかたち。

霧降の滝。

Ncd90_284

滝に近づくと急にひんやり。

つづいて乙女滝。

Ncd90_285

名前に似合わず結構な水量です。

続いて、御射鹿池(みしゃがいけ)に移動。

Ncd90_286

見る場所によって水面の色が変化するから不思議。
有名な画家の絵のモチーフになったことでも有名。

Ncd90_287

白樺の木がなんとも言えない雰囲気を演出しています。

このあと、たてしな自由農園に寄ってお土産を買い、お隣山梨県の名物ではありますが、ほうとうを諏訪インター近くの小作で食べて帰路に着きました。

まだまだ暑かった9月でしたが、秋を先取りしたトレッキング&旅行でした♪
近所の低山も気軽ですが、長野の山は違った爽快感、達成感があります。
またご褒美ハイク行きたいなぁ~。

♪:;;;:♪:;;;:♪入笠山情報♪:;;;:♪:;;;:♪
・ルートは東京近郊の山ハイクを参考にした。
・富士見パノラマリゾートのゴンドラチケットを買うと、ハイキングマップと入笠山で見られる花の図鑑(冊子)がもらえました。
・晴れていても雨具は必須。山頂での防寒対策にもなります。
この日は、登っているときは半袖で十分でしたが、山頂では長袖シャツとパーカーを重ね着しました。
・お花畑などは日差しを遮る木がないので、帽子など日差し対策も忘れずに。
・靴はトレッキングシューズをオススメします。
・車山山頂にトイレはありません。富士見パノラマリゾートの敷地内で済ませておきましょう。
・全体的に危険箇所は少ないですが、登山道に滑りやすそうな箇所があるので小さい子どもはサポートが必要です。息子は4歳5ヶ月で踏破できました。

今回のGPSルートはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み2013

今年もお盆に夏休みを満喫してきました♪

8月13日

予定より一日早い13日から夏休みが取れたので、チビモコは保育園に預けて、朝からもこダンナと映画ローンレンジャーを観にいく。
はじめの数分を見逃しちゃったけど徐々に映画の世界に引き込まれていく。
随所に笑いもあり、ハラハラもあり、ハッピーエンドで終わる安心感もありで面白かったです。オススメ!

お昼は、もこダンナ友達と合流し中華街で。
友達は関西在住で、夏休みを利用して車で旅行中に寄ってくれました。
この旅で尾瀬と上高地をまわったらしい。うらやましい!

8月14日

朝から敦賀に帰省。
お盆の時期で混みそうなので新幹線にしました。
お昼前に実家に着き、お昼ご飯を食べて、お昼寝したらもう夕方。

チビモコが釣りをしたいと言っていたので、夕方ちょっと釣りに出かけました。

Dsc_0050

…チビモコを差し置いて親が釣りに夢中?
写真を撮ってくれたのはたかちゃん(もこ兄)。

なんてことない堤防なんだけど、豆アジ20匹くらい釣れて最高~♪
翌日南蛮漬けで美味しくいただきました。

夕飯は焼肉を食べにいく。
そのあと、もこダンナの星空を撮ろうリベンジに今庄365スキー場へ。
チビモコが道中で寝てしまったので、私はまた車で待機。
たかちゃんを助手に暫く撮影会してました。

今回は星が見えていて成功みたい。

Ncd90_263

ブログじゃちょっとわかりにくい?
無数の星が瞬いてます。肉眼よりカメラのほうがよく見えるよう。

こちらは山の稜線いり。雰囲気ありますなぁ。

Ncd90_262

8月15日

朝は甲子園で地元の福井商業を応援!勝った!!
そのあと、お昼ご飯の食材や花火を買いにいく。

お昼は、ゴーヤチャンプル、アジの南蛮漬け、マカロニサラダを作る。
たくさん作ったけどみんな美味しく食べてくれました(*´ェ`*)

夕方から親戚の家に遊びに行く。
挨拶もそこそこに、裏の海へ釣りをしに行く。
今回は小さい魚が一匹だけだったけど、親戚の子達がかわるがわる様子を見にきてくれたりしてのんびりとした夕暮れを過ごす。
夕飯は親戚のおうちでご馳走になり、花火をしたりして楽しい時間となりました。

8月16日

午前中はゴロゴロ。

お昼ごはんはヨーロッパ軒でソースカツ丼を食べました♪
帰省客などで賑わっていて、20分ほど待ちましたがそれでも大満足。

外はとても暑いので午後からはドライブに出かけてみることに。
小浜方面、越前方面なども候補にあがりましたが、今回は滋賀県のマキノ高原に行ってみました!

国道161号線を滋賀県に向けて南下し、30~40分ほどで道の駅マキノ追坂峠に到着。
雑穀米を買い、ジェラートを食べてちょっと休憩。

次はマキノピックランドというところへメタセコイア並木を見に行く。
新・日本の街路樹百景に選ばれた有名な並木らしい。

Ncd90_265

まっすぐに伸びる新緑が心地よい。

Ncd90_267

マキノピックランドは果物狩りができる施設のようなので、次回は果物狩りにもチャレンジしたい。

ドライブの最後は温泉で。
マキノ高原温泉さらさはキャンプ客などで大賑わい。

敦賀から一時間以内のところに、こんな良いところがあるとは新発見でした。
この近くにある赤坂山も人気の山のようなので機会があればぜひ登ってみたいです。

夜は花火があるのでみんなで金ヶ崎緑地に行く。
ここはのんびり座って花火を見られるのでおすすめ。
今年は1万発だそうで、以前より減ったのはやはり原電がお金出せないのかな?

それでも、ぱっと行ってあれだけの花火を見られれば大満足です!

もこダンナはもちろんカメラを持っていっていましたが、花火を撮るのは難しかったみたい。

Ncd90_266

8月17日

いよいよ帰宅。
午前中お土産などを買い、夕方横浜に戻ってきました。

のんびりしつつも、随所にイベントがあり、楽しいお盆休みとなりました。
ヨッチばば、たかちゃん、今回も楽しかったです。ありがとう~。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«夏のごほうび高原ハイク@2日目は八島ヶ原湿原